バリアフリー法とは

バリアフリー法は簡単に言えば、高齢者や障害者の方などの移動をスムーズ・円滑にする取り組みに関する法律です。
2006年に交通バリアフリー法と、ハートビル法を統合させた新しい決まりとして改めて発布されました。

まず、バリアフリーが一体どんなものなのかをおさらいしましょう。
足の不自由な方やお年を召された方など、健常者と比べて階段での高層階への移動がしにくかったり、部屋と部屋の間の段差でつまずきやすい、といった障害をさまざまなシステムを導入することによって解消させるための構造・機構のことを指します。

この法律によって、高齢者・身体障害者の方が公共交通機関を利用する際にスムーズ移動・利用できるために、施設・駅・車両だけでなく、周辺の道路や広場などもバリアフリー化することを定めました。

また、ハートビルと名のつくように、交通機関に限らず公共性の高い建物や施設に関しても、安全かつスムーズに利用できるようバリアフリー化を施すという施設整備も同時に定められており、健常者と変わらない利便性を持つ社会を目指す取り決めとして現在も適用・整備されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加